5 Story Rock Show final!

・100829 THE COLLECTORS "5 Story Rock Show"@渋谷・CLUB QUATTRO

コレクターズQUATTROマンスリー最終日に行ってきました。

いやー大入り満員ソールドアウト!ぎっちぎちに入ったホールではDJがゴキゲンなロックナンバーを届けてくれていました。「Hanky Panky」とか「You Really Got Me」とか。加藤さん+コータローさんのKinksはいつか聴いてみたいなぁ。(以前プロモーションで地方を回っていたとき、新曲を歌わずにKinksだけやって帰ったことがあるらしい)

出だしから「Million Cross Roads Rock」!

リーダーの恰好が本人曰く
『こんな恰好は御徒町の宝石商か俺しか似合わない』『半蔵門線には乗れない』ほどのシロモノ!

さらに「Tough」とライブは続く・・・

覚えているので「ぼくのプロペラ」「青春ミラー」「エコロジー」「未来のカタチ」「今が最高!」
「twitter」「マイアミビーチ」「プリティ・ガール」「NICK! NICK! NICK!」「2065」
「東京虫バグズ」「ロックンロールバンド人生」

アンコールは「Chewing Gum」「僕はコレクター」「僕の時間機械」など。
セットリスト判明したら戴いて追記しようかな。

アンコールではコータローさんのヌンチャクも見られたし、小里さんボタン3つ開けてるし、
Qちゃんは妙にニコニコしてるし。Qちゃんカッコいいなぁあんな髪型がいいなぁ。

MCでは、リーダーがリハの時間を忘れててすっかりオジサンだけど、詞を書いてるから許す。
小里くんだったらぶっとばす、とコータローさん談。

「年上なのに、オープニングアクトとかトップバッターばっかやってます」
「CDが売れないからライブじゃないと食っていけない」


リーダーの気合がすごかったですね今日は。最高のステージでした。
思い出したことあればまた書きます。



ところで今日は、昭和62年会でP仲間のホンダラ拳と行動を共にしてました。
定石通り1時間遅刻したものの、まったく気にしてくれない優しい奴でした。

メシを食い、茶を飲みながら人間観察を2時間、そしてライブ。
終わったらまたメシを食っていたのですが、
その時の話題が静岡のソウルフード「『さわやか』のげんこつハンバーグ」でした。
静岡のみに27店舗ある(東部にはないらしい)チェーン店らしいんですが、これが凄いとのこと。
食べてみたいです。静岡出身の読者のみなさんはご存知なんですかね!?

8月最後に充実した日曜を過ごせました。
[PR]

by aonr | 2010-08-30 02:31 | ライブ

花火

多摩川で花火をしました。蒲田側でね。


b0129862_139152.jpg



虎猫さんとsolitude兄とアルコギットくんがいます。


先客もいましたが、思っていたより花火は楽しいです。


b0129862_2184514.jpg

最近の花火はこのフシャアアアーってのがすごいいいね。



おおおっ、とか、ぬおおおおっ、とか男5人で言いながら


b0129862_2212258.jpg


「ぬおおおおっ」



そうそう、西船橋のトラウマピカチュウこと、ぱとらっこさんも遅れて登場してました。
(だから男5人ね)

b0129862_141323.jpg

楽しそうです。



b0129862_225159.jpg

線香花火は小さい方の玉のパチパチが綺麗です。




なんというか、花火はすごく楽しいです。最高のエンタテイメントです。
なぜ今までやらなかったんだろう。友達がいないからです。


アルコギットくんは若かったです。安いお酒で酔ったせいか、何を喋っていたかあんまり覚えていませんが、帰りにちょっと泣きました。アルコギットくんの若さに泣いたわけではありません。花火の閃光が焼き付いておかしくなったんです。

虎猫さんはいい人でした。とてもM-1に出る人とは思えません。正直私はM-1なんかに出る人の気がしれませんが、そんなこともないかな、と思いました。楽しければいいじゃない、と。やはり泣きました。


b0129862_2363426.jpg

sol兄お疲れさんでした。
b0129862_2364838.jpg


ちょっと早いけど、ぱとぴー誕生日おめっとさん。
[PR]

by aonr | 2010-08-26 02:38 | 写真

Today is your birthday

b0129862_02631100.jpg


b0129862_0302150.jpg


b0129862_030552.jpg

↑懐かしいw



雅ちゃん誕生日おめでとうございます。
17歳ですか。今でもたまに『まるごと初単独』で歌っている「トロピカ~ル」を聴きますが
今のあなたはすっかりグループのスタビライザーになってますね。

Buono!やBerryzでは中心でどっしり構え、ラジオでも安定した突っ込みで楽しませてくれます。
これからも頑張れ!雅ちゃん!





b0129862_0284741.jpg

[PR]

by aonr | 2010-08-25 00:36 | アイドル

桜木町


ゆず「桜木町」(2006)
b0129862_1525254.jpg





TBS「こち亀」の再放送をたまたま見ていると、石原さとみさんが出演していたので。
この曲のリリースも、もう6年も前なんですね。ちょうどカラオケに頻繁に行き始めたころだった。
(ということはみなとみらい線が出来てからもう6年…)


ゆずのなかでも感覚的には「最近の曲」に入る。はじめて聴いたときは新鮮だった。

ゆず史的に言っても、松任谷さんがアレンジを手掛けているところがあって、呼人さんと三人四脚だったとこから一歩抜け出して、新しいゆずになっていくところ。(いわゆる「外注」のはじまりになった)

ここから蔦谷さんとかにもアレンジを依頼して、「今のゆず」になっていっています。
[PR]

by aonr | 2010-08-23 15:03 | 音楽

情熱のありか

Challenge for the future!

ここ2日間NACK5にお邪魔しておりました。


バンバンバザールの皆さんにはとてもよくしていただきました。本当に素敵な方たちだった。
音楽への愛といい意味でふざけてる生き方。はぁ~ん。

福島さんはうちの大学の先輩。
今回収録した放送で、ちょっとだけ見学した私たちに触れてもらってます。
1か月後くらいの放送。


b0129862_23483681.jpg


毎週火曜24~25時、NACK5でOAです。面白いです。





b0129862_23474064.jpg

「SIDE B」/BAN BAN BAZAR

聴かせてもらいましたがとてもいいです。買います。


今朝は「Exciting Saturday」をスタジオで見学させてもらいました。
L-Rの「Remember」をかけていただきました。ありがたい。


b0129862_23561229.jpg

[PR]

by aonr | 2010-08-21 23:56 | 部屋

Brand New Wave Upper Ground

某制作会社での社内研修が終わりました。

今日は某生番組の選曲を。

この何万枚ものCDの中から曲を選ぶのが最高に楽しい!
ネタ探し→リサーチ→台本書きという仕事も楽しいのですが、今日は楽しかったー。

いっぱい考えなくちゃ、番組はできないんだなー。

明日からは大宮に行ってきます。さらば渋谷。





b0129862_2347851.jpg

8/16(月) 渋谷・中本

冷し味噌で撃沈。写真で見ると血だまりにしかみえないな。トラウマ的ならーめんだ。




b0129862_23471933.jpg

8/19(木) 渋谷・中本

蒙古タンメン +ミニ麻婆丼(無料券)。ふつうにこれにすりゃいいんだ。まぁまぁ。



あと医龍3制作決定ですおめー
[PR]

by aonr | 2010-08-19 23:51 | 部屋

RIVER

10-FEETの「RIVER」。

10-FEETというアーティストは一見、湘南乃風勢とみられて敬遠されがちだが、
その詞やライブのスタンスの根底には、
TAKUMA(ヴォーカル、ギター)の過去の経験が腰を下ろしている。

一度「Vandalize」ツアーのひと公演を川崎で観たが
「人間はひとりじゃないんだ。」
そう彼は訴えていた。ありきたりな言葉かもしれないが、真に迫っていた。

そしてこの歌を聴いた。当時の私は泣いた。



時流れゆく事が決して 年老いていく事じゃない
君がただ居るだけで 生き甲斐になる人がいる事
聴くだけで聴くだけで 突き刺さる詩と
枯れるまで流れゆく河


助けてのその一言は
僕の存在を否定するもの

そんな誓いとんだ勘違い
誰も独りで生きていけない

助け求めた君に求めた
そして自分にもまた求める

まだ戻れるまた訪れる
あのRIVER


母は泣いた手に触れ泣いた
「きっと大丈夫」と一言また泣いた

君は泣いた深々と泣いた
「僕がついている」とまた泣いた

僕は泣いたただただ泣いた
気がつくと 独りで泣いていた

昔行ったあの場所に行った あのRIVER



「river」の語源には諸説あるが、「到着」というものもある。

母なる大地、母なる海、そのふたつが作りだすのが川である。

この日本という国には川が多くあるし、人は川と一緒に生活をしてきた。
人が人に寄り添っていくさまと、どこか似ていると思った。



[PR]

by aonr | 2010-08-19 00:32 | 音楽

恋はC'est si bon

今日から某制作会社で某番組の某コーナーを某疑似制作しています。
あんまりここに書いても某しょうがないので、某twitterで某番組において私の某台本が某採用されるかどうかとか、某腹痛い。

あー痛いあーーーー痛い。

大好き!ビオフェルミン!!!

肛門から黒ヒョウが出てきそう。

ボンボンダバダボーンビボーーーン!!!!
[PR]

by aonr | 2010-08-17 03:08 | 部屋

Rock'n Buono!3

・10815 Buono! ライブツアー2010 ~Rock'n Buono!3~@横浜BLITZ

前回までFC限定ライブだったRock'n Buono!シリーズ。今回は一般のライブでした。
横浜公演の2日目、昼・夜観てきました。

(名古屋公演を残しているので、一応)
ここからネタバレです




昼からほぼ満員。夜はどうなってしまう。

電グルのような、かといってそうでもないようなよくわからんテーマに乗せてBuono!登場。

「いらっしゃいませ!」の声とともにCafe Buono!!
Buono!ではじまった感のある曲っていったらこれですね。
これから始まるタフなライブは、まずはこのかわいい振りと歓迎のムードで客とメンバーがはしゃぎます。

さらにロッタラでいきなりたたみかけます。毎回毎回でかい声でロッタラロッタラ言います。
よく飽きないもんだ。でもずっと楽しい。

最初の挨拶、ベストアルバムの告知。

続いて久しぶりにこころのたまご。この曲聴くと最初とはずいぶん路線を変えてここまで来ていることに気付く。でもBuono!の曲はどれも抜かりない。まだまだ褒めていくよ!

Kiss×3をここで持ってきた!ライブ皆勤のこの曲も盛り上がります。
初めて聴いた当時と同じようにワクワクする。

昼公演では消失点。まさにBuono!中でも名曲に入る一曲。雅ちゃんが本気出すやつ。
BLITZはよく反響する箱で、音に奥行が出る。そんな会場で聴くこの曲には鳥肌が立つ。
お母さんに大事にしなさい、と言われたことをちゃんと守ってる。彼女にとって大事な大事な歌。
ベリBuono!通じてもこの曲以上に合うのってあるんだろうか、この先。

夜公演ではOVER THE RAINBOW。
やはり愛理の抜けのいい声は雨上がりの空を歌うにはちょうどいい。
情景が浮かぶ詞と、シンセのメロディ。そして丁寧にこれ以上ないタイミングで歌にする彼女は清々しくて美しくて、夢のようです。

MC
昼では、雅ちゃんが振った「どの夏の食べ物になってみたい?」というトチ狂った話題。
愛理はきゅうり(お馴染みすぎるw)、ももちはすいか、そして言いだしっぺの雅ちゃんは小学生のころ「やきそば」というあだ名をつけられていたという急な告白をする。やはりトチ狂っている。理由は、金髪だったから。なんじゃそりゃw

夜では、愛理が振った「弟と旅行するなら?」。実は3人とも弟がいる(3人とも姉弟ふたり)ということで、弟とどんなことをしたいかという話。弟大好きなももちは、弟だけのためにBuono!ライブをやってあげる、とのこと。本当に仲が良い。まだ小さいからかわいくてしょうがないんだろうな。しかも昨日ライブに来てくれてたそう。雅ちゃんは思春期丸出しの姉弟仲で、いまだにお姉ちゃんとも呼んでもらえないそうだ。何もしない!が回答w
愛理はパターゴルフで張り合いたい、家族で自分だけ下手なんだそうだ。お父さん、頑張ってください。


ショートで3曲続けて。まずは「うらはら」。ももちの低音が良い。3人とも歌うまいなぁ。
「Last Forever」は卒業をテーマにした曲。切なくて明るい詞がとても好き。
歌ってる彼女たちに思わず感情移入してしまいます。目の前で歌ってると、もっとね。

Our Songsはバンドで聴きたかったな。イントロから何からカッコいいので、評判はどうであれ結構気に入っている曲。今回ドラマーで入ってるマイさんがパワフルなドラミングをするんで、イントロのとこはカッコよくなるはずだ、とか思いましたー

MY BOYは腕をブンブン突き上げてスパーク。デジタルだけどライブハウスで爆音で聴くと体が言うことを効かなくなってしまう。汗だくで前半終了。


幕間のVTR、今回はBuono!の夏休みと題して、3人でいろんなもので対決。
昼公演に見たVではダーツ対決。フレームに当たってダーツが壊れるくだりが何度もあって笑える。ももちのああいうときのリアクションがウケをいただきにきてるのかどうかわかんないんだよなw

夜公演のVはゴーカート対決。前半に雅ちゃんがクラッシュしてからはももち愛理雅の順でずっと展開してそのままゴール。カートに乗ってる雅ちゃんが「赤い車に乗ったイイネーチャン」でした。完全に。
ももちが「これだけうまいなら道路でも走っちゃいます」って言ってるそばからテロップで※ゴーカートは公道では走れませんって出て笑ったw

ダーツもカートも順位は同じでした。メンバーが書いた夏休みの日記で〆。


そしてお待ちかねのバンドを交えての後半戦。

「One way~」でスタート。前述の新ドラマーマイさんの叩きっぷりがかなり男前で、最初の2小節くらいで、これ今までと違う人が叩いてる・・・となんとなくわかってしまった。会場はわーわー!!!それもそのはず、2階席の横にある小さいスペースでももちと愛理が歌う。「Buono!サラウンドシステム」で大盛り上がり。客があっちゃこっちゃ向いてて何がなんだかw

続いて「カタオモイ。」。前回のライブのときも思ったけど、これは青春で甘酸っぱい。サビが実に切なロック。泣ける。主人公は高校生かな?中学生かな?どうにもたまんない詞です。
サビ前の愛理のパートが良いね。サビのユニゾンはみんな気持ち入ってます。
最後のギターもアツいわ。

「Independent girl」はカッコいいわー。バッドメディスンなんだよ。
ライブでバンドで聴くと最高に効く。パフォーマンスもマイクスタンドならぬマイクステッキのようなものでキめてらっしゃる。

MCではそのバンドメンバーの紹介。潤子さんへの声援がハンパないw
カッコいいからよくわかるわ。

ホントのじぶんはBuono!にとってデビュー曲なわけだけど、やっぱりCDで聴くと今と歌い方がだいぶ違う。ユニットとして成長して変化してるんだなと感じた。

続いて初期の名曲、「君がいれば」。ejiさんのピアノソロから。
ejiさんはいろんな実はすごい多忙な人で、いずれはアーティストのサウンドプロデュースまでやりかねないようなエラい人なんだけども、今回はセットリスト組むところから携わったらしい。この曲はそんなバンマスと、ボーカルの息の合いようを感じました。ワンコーラスを3人の声で。雅ちゃんのメロディにふたりがハモる。
以前はハモらせてもらえなかったももちは頑張っていました。雅ちゃんはさすがだな。
ライブではそんなにやってない気もするけど、大名曲。勇気をもらえます。

前回We are Buono!ライブに続いての披露になった「Blue-Sky-Blue」。
この曲は主人公が「僕」。透き通るようなシンセがBLITZに響きます。
いつまでも聴いていたいゆりかごのような歌。


ここからラストスパートへ。
まずはライブ皆勤のお馴染み「恋愛ライダー」でエンジンをあっため直し。
もはや説明不要のギターリフで頭に突き刺さります。
「ワープ!」はメンバーと客の煽りあい。Here we Go now!

本編最後はBravo!P!A!T!I!コールで爆発しそう。ejiさんも一緒にPATI!
愛理のサビ前のソロがカッコいいんだ。激しいドラムにも負けないように拍手を贈る。
この熱狂は伝えきれない。この瞬間から、大きくジャンプ。ブラボー!本編終了。


アンコールはBuono!のテーマから。
「I love Music! We are Buono!」はいつの間に合唱に。
ギター・ベース・ドラムのソロプレイ、雅ちゃんのシャウトでさらにさらに大熱狂。

そして続いて念願の!!!「MIRACLE HAPPY LOVE SONG」初披露。
イントロでうわーーーーっとなってしまった(泣いてはいない)。もう雅ちゃんがカッコいいよ。
詞でナルチシズムでクサいんだけど、体が求めている音が来て頭がいっぱいになってしまった。
サビ最後の「愛し合おうよーーー!!!」は大合唱。信じられないくらいみんな声出る。ひとつになったね。朝まで歌いたい!!


オーラスは「You're My Friend」。彼女らの楽曲の中でも1,2を争うくらい好きなこの曲を最後に観られてとにかく幸せだ。
3人とも気持ちを情感たっぷりなんだが、ももちの気持ちの入りかた、歌う姿にちょっと本当に泣きかけた。

「好きで大好きで 涙が出て止まらないけど
 君をね失いたくないそばにいられるならこのままでいいよ」

ここね。ここでもうどーっと。はじめての感覚だったな。ステージ上のももちにくぎ付けだった。



素晴らしい演奏とパフォーマンスをありがとう。さて、頑張んなきゃ。


【set list】
01 Café Buono!
02 ロッタラロッタラ
MC
03 こころのたまご
04 Kiss!Kiss!Kiss!
05 (昼)消失点-Vanishing Point- (夜)OVER THE RAINBOWのどれか1曲
MC
06 うらはら(ショート)
07 Last Forever(ショート)
08 Our Songs(ショート)
MC
09 MY BOY
VTR

Buono!の夏休み
(昼)ダーツ対決
(夜)ゴーカート対決


バンドDolce(Gt:潤子 Ba:なおみち Key:eji Dr:舞)が加わる


10 One Way = My Way
11 カタオモイ。
12 Independent Girl~独立女子であるために
MC
Dolce紹介
13 ホントのじぶん
14 君がいれば
15 Blue-Sky-Blue
MC
16 恋愛ライダー
17 ワープ!
18 Bravo☆Bravo
【ENCORE】
19 We are Buono! ~ Buono!のテーマ
20 MIRACLE HAPPY LOVE SONG
MC
21 You're My Friend


今後の活動はともかくとして、ここまで彼女らを見てこれたことが何よりも。
[PR]

by aonr | 2010-08-16 03:40 | ライブ

素敵じゃないか

・old old ordinary days

割と最近は酒の席が多くて、昨日も旧友と杯を交わしました(2軒で5000円)。

大手チェーンもかなり厳しいんだろうな。某見聞録系チェーンは290円に転換したし、宅飲みが増えてる今とにかくちょっとでも単価をとるために2000円以下の安い飲み放題を設定したり、見えない競争をしとるわけです。(こんばんは井筒ですー)

また酒に弱い私が全然酔わないくらいうっすいんですわ。もうね、あんなもんジュースやジュース!こちとら酒飲みにきとるんやから、あとなんやあのトイレは。なんか変やで。扇状に水出るとかいらんやろそんなもん。古墳かと思うたわ。ハイポーン!

我々世代ってやっぱりサニーデイとか知らないんだな。実感した。
ロックマンR20本で1時間くらいずっと笑ってられるとか幸せやん。ロールちゃん完全にヤっとるな。


・ポケモン観ました

劇場版ポケモン第13弾(たぶん)「幻影の覇者ゾロアーク」を観てきました。
セレビィがほしくて行ったんだけど、ゾロアがかわいかった。コウダイという敵役を演じたのは陣内孝則さんだと思うんだけど、いい~声してんだよなぁ。舞台役者だよな。なんか貫禄というか逆に違和感あるくらい。

途中寝ましたが、まぁまぁ観られました。ゲームとしてだけでなくて、いそうでいない生命体としてポケモンが好きなとこあるから、それぞれに役割を与えられてるところをみるとわくわくする。今回は特にドーミラーがよかった。そこらへんの子供以上にワクワクしてるかも。だから飽きないし、まぁ便利な性格だわな。
セレビィイベントは「あんまり」です!


・久しぶりに写真集じみたもの
b0129862_19271845.jpg

「森田涼花フォトブック すぅちゃんのLovely Life」を購入しました。写真集っぽいものって最近買ってなかった気がするんだ。(有隣堂で買った。あおい書店になんざなかった)
最初のすぅページがわけのわからんメルヘン展開だが、よく撮れてたりするので大丈夫。キャメラマン(ホリプロの大先輩が言うところの)との信頼が見て取れる。いろいろ企画があって、小判の本だけど非常に読み応え・眺め応えがあった。いい買い物。



・そして明日は

おまんたせいたしました!(司会業時代のリリーフランキー)Buono!ライブです。
拝んできますぜよ。何T着て行こうかな。ソカバンか真心かなんならブクロTか。
今晩は昨晩の穴埋めでレディオして(ラジオって言いな)高めたいと思います。


・散髪を

シました
[PR]

by aonr | 2010-08-14 19:39 | 部屋