<   2008年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

みえない何かに勝つために

私は今先がまったくみえない。

来月とか来年とかじゃなく、明日がみえない。




上原さんも同じ気持ちなのだろうか。
[PR]

by aonr | 2008-04-16 00:20 | 部屋

映画の感想を書いてみた

私は映画を殆ど観ない。
おそらく、自分の長時間黙って落ち着けない性格が災いしているのだと思う。

それでも、去年は何本か観た。

本当に良かったのは『パンズ ラビリンス』。
ファンタジーものは正直劇場で見た経験がなかったが、もう面白すぎるくらい面白かった。
ストーリーも、主人公の思い通りにいくところはいき、良きところで失敗し、と
なかなか上映中飽きさせてくれなかった。

そしてラストには予想だにしない結末&ファンタジーオチ。

まぁとにかく面白かった。

裂けた口を自ら手で縫うところなど、若干グロテスクに思える表現があったといえばあったが、あの程度が見られない人がいるのならそんな人は映画なんかはなっから観なければいい。


逆に、最悪だったのが、あの悪名高き『恋空』だ。

まぁちゃんと自分の意志を持てる人なら間違いなくこの映画を否定しまくり、大失敗になるだろうと思いきや・・・・いまやこの作品は「大ヒット作」である。

「もう、あ~ぁ(笑)」という感じで、私は上映中何度も失笑してしまった。

なんなの?この貞操観念のなさ。

鬼畜レヴェルじゃないですか?彼は。

なんていうか、昔官能小説をネットで読んでたのですが(官能小説はモノによっては話が感動的で思わぬ素晴らしい世界に出会えることがあります)、
「会社をサボって電話とかかかってくるんだけど彼氏に求められてsexしまくる」という作品があったんです。私はこの作品を『恋空』中に思い出しましたね。
ちなみにこの官能小説、感想欄に非難・批判が集中していたのは言うまでもありません・・。

多数の劇場で公開されるような作品には「責任」があります。
何か、素晴らしい人間物語がある、とか
美しい景色があるとか、
政治的・社会的メッセージが込められてるとか、
何かしら「見せる価値のあるモノ」を映画として作品化して、上映しているハズだと思うんです。

私は映画には詳しくありませんから、言っていることが正しいかどうかもわかりません。しかし、思ったとおりに書かせていただきます。

『恋空』は、「節操の無い、本当の感動の無い、現代の若者を象徴する映画」だと思います。

あの作品で泣けるんだからねぇ・・・。ひどいモンです。人としてのプライドとかあったら泣かないと思うのですが。


まぁ、映画の中のふたりが「若気の至り」そのものだとわかってくれればいいんですが・・・


あと、小出啓介さん。この方はものすごい作品に入り込んでて、ただ一人自然かつ丁寧に演技されてました。素晴らしかったです。小出さんの素晴らしさがぼっこり浮き彫りになるほどの駄作であり、残念な時間でした。

『ディスタービア』という作品も観たが、これは微笑ましいなかなかの良作でした。
メッセージ性があんまりなくて、バカな感じがあるけど、「ここから脱出したい!」「冒険したい!」「可愛いコと仲良くなりたい!」という「思春期真っ盛り男子」ムービー。

肩肘張らず楽しめる、娯楽たっぷりの映画でした。ヒロインも男心くすぐる、なんともいえない絶妙美人でしたし。


今年は、何観ようかな。
[PR]

by aonr | 2008-04-15 15:36 | 部屋

I'm MAGOKORO freak.

前回の長すぎた。でも今回もLIVEの感想なんですよ。

4/11『スプリング春祭り~桜(井)前線北上中!YO(要)-KING(緊)急配備!!~』@SHIBUYA-AX
です。

真心LIVEは昨年末の『DUZZLING』ツアー中野公演以来ですか。今回1人で観たんですが、一人で観たのは2006/6/30のNHKホール以来。なんか久しぶりでしたね。

私20歳なんですが、この真心LIVEに来てる年齢層がちょっと判りづらいというか、層が広いっすね。24~28くらいの女性が一番多いような。男性なら30代も多いみたいね。

SHIBUYA-AXなんですが、まぁ迷う迷う(笑)方向音痴大爆発でして、余ったチケットを渡す予定の人に迷惑掛けてしまいましたね。

で、このAX前評判通り音があまりよろしくない。PAが良くないんでしょうか、ハウリングは止まないし、残念でした。

しかし、LIVE自体は本当に素晴らしい!!私は真心好きになってまだ4年とかそこらですが、あのLIVEは過去何十回のLIVEの中でもトップレヴェルの素晴らしさだったのではないでしょうか。

毎回、行く度につまりLIVEをやる度にMCが長くなってるんじゃないか、と思わざるを得ないんですが(笑)、今回も面白い話いっぱいありましたね。

桜井さんが着流しで出てきたところでなんかもうstartが押した事なんか全部ぶっとびましたね(笑)

このLIVEはYO-KING、男・桜井秀俊、真心ブラザーズの3形態で行われたわけなんですが、着流し秀俊氏がご挨拶したあとにはまず、YO-KING登場。

順番はよく覚えてないが
『Hey!みんな元気かい?』、『その後の世界』、『きれいな水』、『あたたかいぼくの部屋』、『いつかのうみ』を熱唱。
途中から小川文明さん(key)、須貝直人ことVivaさん(drums)、そして個人的にMB'sで一番好きな上野一郎さん(Bass)が登場。

YO-KINGの曲は心の中の何処かにあるあたたかいモノを引っ張り出してくれるような、そんな力がある。みんなで聴いてても、ひとりで聴いてても自分ひとりに語りかけてきてくれるような感じもある。真心んときとは明らかに違うのだ。

『いつかのうみ』はBass、key、drum、そしてYO-KINGの歌声と、全部のイイトコがでるので聴けてよかった。

続いて真心の番。
『空にまいあがれ』、『どか~ん』、『素晴らしきこの世界』、『情熱と衝動』、『流れ星』、『人間はもう終わりだ!』、『スピード』。
記憶をたどるとこんな感じだったと思う。
初めて聴いた『素晴らしき~』は圧巻だった。バンドの魂をぐわっと押し付けられたような、なんかステージが凄く神聖な場所に見えた。

『流れ星』。この曲は真心屈指の泣かせ曲であり、「男ソング」だ。めちゃめちゃいい曲だなぁ、本当に。

『スピード』の一郎くんはもうスゴかった。Bassに三指を叩き付けまくる汗びっしょりの40過ぎの男がこんなにカッコいい者か。AXもこの曲で汗びっしょりに。(笑)

最後の出し物は「男・桜井秀俊」なのだが・・
これはもういろいろ手が込みすぎて全部書けない。(笑)
ここまで長く書いたが倍ぐらいになってしまうわ。(笑)

曲は『真夏といえども』『まばたきの間に』『Sound of Love』『今しかない 後がない』『(男・桜井が歌う) BABY BABY BABY』『Son Of The Sun』『悪口』かな?たぶんあってる。

もうこの「男・桜井」パートは心の中にしまっておこうかと・・(笑)
ただマジでよかったですね。生き様見せてくれましたわ。

最後に『All I want to say to you』をみんなで。この曲はこれからも真心LIVEでは定番になるでしょうね。

ホーンセクションなしのLIVEだったので『DearSummer~』などはナシ。しかし大満足のLIVEでした。次のが待ち遠しくなるね。あと、毎回今回が最高だったって思わせてくれるんだから真心って凄い。

I'm MAGOKORO freak.もうやめられません。
[PR]

by aonr | 2008-04-14 03:40 | ライブ

『 あ の な 』

バナナマン傑作選ライブ「bananaman Kick」に行った。
1994年から2008年の集大成ともいえる傑作選。(去年も傑作選をやったが、違うコント集)


※以下はネタバレを含みます。DVD発売まで知りたくない人は読まない方が。


っもうめっちゃくちゃに笑いました。少し声が出ちゃいました。ホントに面白かったんです。
私、3年くらい前からチケット取りはじめたんですけど、負け続けて、
今回が初ライヴになったんですが・・

1列10番、つまり『最前・どセンター』の席になっていまして。

会場はおなじみ俳優座だったわけなんですがまぁまぁ小さいハコなんですね。
しかしもう近い近い。
今PCの前に居る私と部屋のテレビの距離(1m30cm)くらいのとこで日村さんがゲロはいたり
設楽さんが号泣したりするんですよ。(もちろんコントの演技ですよ?w)

おそらく演るだろうなぁと思っていた「ルスデン」と「宮沢さんとメシ」が観られたのはよかったです。

しかし1本目の「宮沢さん」の時点でもう日村さんの声が擦れてるんがまるわかりなんですよw
頑張ってるなぁ、しかし相変わらず喉が弱いんだな・・とw

2本目「ルスデン」は、初演したときには携帯電話が普及していなかったのでケータイのくだりが追加。オークラさん(「3人目のバナナマン」とされる構成作家。本名:河野良)のとこが「海に行くからビデオ返しといて」から「スキーしに行くからDVD返しといて」に設定チェンジ。
日村さんのだらしない体形も含めて、時間の流れを感じるなぁ・・と。
しかしダークなコントです。初期バナナマンコントによくありましたね。「private stock」に収録されているコントはかなり好きなほうです。

3本目は「a scary story」。邦題:怖い話ってところでしょうか。
これが私的には今回1番笑ったコントです。なんかこう、冴えない設楽さんの演技がたまらなく好きなんですよ。好きなコントを挙げたら『設楽がダメなポジション』のコントが多くなるような気がします。今回のエントリのタイトルは、このコントの設楽さんのセリフです。

4本目「puke」は日村さんが酔っ払うとこから始まるんですが、最前の私と隣の女性は日村さんが出てきた瞬間笑ってましたwあれはおそらく最前でしか味わえなかったなぁ~。
会場はこのコントが一番ウケてたんかなと思います。途中でお香を焚くところがあるんですが、焚いたら実際に香りが漂ってくるというニクい演出。
元々演技力は凄くありますからよりリアルな日常喜劇に見えました。

ラスト5本目は「Fraud in Phuket」。日村さんの女装モノです。これは近くで見られて感動したなぁ。キモチ悪かったぁw(いい意味で)
バナナコントの最後は長尺で、じわ~っとあったかくなるストーリーが多いのですが、これもそういうモノで、なんかこう終わったあと本当にイイモノを見せてもらったなぁと感謝の意が沸々と沸いてくるのです。もうこれはただのお笑いじゃないぞと。バカ笑いだけするような見世物じゃないぞと。

感謝。バナナマンよ、ありがとう。8月の公演も必ず観に行きます。

もし、このブログを読んでくれた方で、少しでも興味が沸いたら、まずはDVDをレンタルでもして観てください。「Pepo kabocha」か「Sugar Spot」が初心者にはお勧めです。

物販ではTシャツ2枚と売れていない様子の記念切手を買った。一番欲しかったピンバッヂは買えなかった。再販希望。

b0129862_1553018.jpg

[PR]

by aonr | 2008-04-08 01:56 | ライブ

疲労からかぼーっとしててチャリで人轢いてしまった。
何度も謝ったんだけど後ろに乗せた子供に少し声かけたくらいで私に何も言わなかった。

子供は親見て育つんだから私に注意するなり文句言ってくるなりしないとおかしいと思うのですが。

追突したことは深くお詫びしたいが、あの親の姿勢がどうも気に食わない。

痛かったかな?本当にゴメンね。

良い子に育ちますように。
[PR]

by aonr | 2008-04-02 09:04 | 部屋

april

上原さん、残念。甘く入ってしまったのはまだ先発実戦1試合目だからか。

スタミナ面は暖かくなるにつれて良くなっていってもらいたい。ノリは抜け目ないね。改めて実感。

一方、横浜は初勝利。工藤さんはピリッとしなかったが、あの仁志さんのタイムリーは良かった。
野球はプレッシャーにいかに打ち克てるか、究極の自分との戦いなのだと思った。
[PR]

by aonr | 2008-04-02 01:38 | 野球とか