この愛を重ねて―モーニング娘。'12春ツアー武道館レポ本編(終)

・120518 モーニング娘。コンサートツアー2012春~ウルトラスマート~ 新垣里沙・光井愛佳卒業スペシャル@日本武道館

つづき


ツアー始まるやいなやという頃に新曲の発表がありました。ホール公演中はアンコール明けにも披露された49thシングル『恋愛ハンター』。

めちゃDubってるこんな曲をぶつけてくるなんて、全く予想外でした。これはつまり、前回の記事に書いた「悲しき恋のメロディー」の方を目指すということか。

「どんな場面でも逃げない 立場なんてのは関係ない」
「いま放て その場しのぐな 厚化粧よりハートに描こう」
「燃え尽きるほど本気になれないなら 明日はない」

こんなド直球を投げてくるなんて。
ラスト参加のシングルとして、「抜け駆けしてでものし上がる気がないなら…」とガキさんに歌わせる凄み。
本人はメンバーに、ここまで強く伝えたことがあったのだろうか。力強く歌う声、MVで見せる鋭く、"モーニング娘。"としての自負に溢れた眼差しで『7代目リーダー、新垣里沙ここにあり』と示している。

でも、MVの最後にはあの言葉である。本当に愛に溢れたラストシングルだったと思う。

本ツアーに関するレポートは前回の記事の最後にリンクがあります。


さて、ガキさんのRisa's Night Houseについて。
愛ちゃんがゲスト出演したとき、思い出話や娘。から外へ出てからの話でイイ感じになったあと、愛ちゃん選曲でかかった曲が「Hate you」だったのは大変面白かったです。誰も止めなかったのか。そして、ガキさんもhateが判らないんだろうと思い、若干のアホさを再認識しました。

狼なんかでは不仲説が囁かれていたれいながゲストの回。舞台「リボーン」の際、当時新人の9期メンバーが酷くてキレてしまったという話をしてました。ガキさんに生意気な口をきいたことに怒りが収まらなかったそう。
(それまで向き合ってこなかった、と暗にきこえた)ガキさんと、今後どうすればいいかの話し合いもあったそうで。このへんの話は深かった。この時注意されたメンバーは今自覚あってやってると思うし、田中れいなの真の覚醒が始まったんじゃないかと思いました。明らかにOnly youから歌が変わってません?自分はすげえ上手くなってると思ったんです。


愛ちゃん卒コンあたりで聴きはじめたヤンタン土曜日。
さんちゃんが愛ちゃん卒コンのときに持ってたうちわを作ってくれたマネージャーさんが風邪で武道館欠席という爆笑の事件(本当にご苦労様でした)も少し懐かしく感じるこの頃ですね。

今年4月からは、長らくレギュラーのみっしげさんに加え光井もヤン娘。に加入。回数は多くないもののやっぱり関西の血からかリアクションは良好、ちゃんと合いの手もはさめる活躍で非常にいいなと思っておりました。加えてさんまさんが「こいつは自分をよく見せようとするところがあるな」と鋭い一言。そしていつしか「肛門キャラ(カルシウム不足)」にまでしてしまうという。 
短い期間にこれだけ強く当たられるのは凄いなと思います。ある程度期待されてるんじゃなかろうかと。
さんちゃんは厳しくても絶対優しいから、これからも頑張ってついていって欲しいです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


武道館本編のレポートに入ります。

前日から妙に緊張して、原宿のドトールでは武者震いが止まらなかったです(冷房効き過ぎだろあそこ)。

ほいで九段下に移動。買い手がついてなかった自分の隣の席のチケットをそのへんにいるおとなしそうな人に売却。グッズ列から帰還したそばさんと合流。

アリーナ中ほど、最上手に着席。開演前に気づきましたが、全然見えない席でした。
しかし隣の人(お売りした人と全然違う褐色のおっさん)がめちゃめちゃアツくて、「愛ちゃんのときはこられなくて、今日は本当にもうここにいられるだけで感激ですね!(褐色スマイル)」と割と気の合うフィーリン。
開演までしばし談笑アンド緊張(何であなたがこの席に?とは言えずだが結果オーライ)。

開演。

元気いっぱいにピョコトラ、グルジャン。
アリーナから見上げる武道館はやっぱり別格だなぁ。歓声が上からくる。

V明けから続いて悲しき恋のメロディー、Give me 愛。
ブログをご覧になってた方ならご存知だったと思いますがれいなの体調がずっと悪かったそうです。しかしまぁパワーのある歌唱でした。素晴らしい。やる女ですね。このGive me 愛が素晴らしかった。

ほいでさっそく武道館仕様。

あの人の声が聞こえてきた!やったぜ!つんくさんの「恋愛ハンター」だ!!

私、隣の褐色とハイタッチして爆笑(like a ザイル)。つんくさんカバーアルバムはよ!

つ「え~今回は新垣・光井の卒業式でもあるわけですがそれだけで来たわけではありません」

あーやっちゃったと思った私。11期オーディション開催決定!!の文字に、私と褐色、また爆笑。

ステージ上のメンバーのみんなとは違う味の涙を流してました私達。笑い過ぎて。ああすげえわ。モーニング娘。これがモーニング娘。なんだ。

そして新リーダーは道重さゆみ、とさらっと発表。みっしげさんなら大丈夫です。誰に言われんでもしっかりやり遂げてくださるでしょう。
b0129862_3312512.jpg

(↑11期オーディションに驚くエース候補の人)




本編戻って12人ラストかしまし。最後の「せーの、新垣りさー!」の呼び込みは最高に愉しかった。

続いて3曲。これもこの3人で最後になる光井・スタジオ・すーずきの乙女のタイミング。
それほど響いてこなかったこれなのにこの日はドーンと沁みました。なんなんだろうねあの感覚は…。
(わかんなーい、っていえばいいのか)
生田の不器用ボーカル、ラストサビ最後のすーずきさんの頑張り具合素晴らしい。そしてそれを見守る光井ですよ。

銀時計は圧巻の田中れいなさん。本当に聴くたびに効いてきて、膝から崩れるほど良かった。よくもあんなにせつねぇく歌える。里保さんも負けてらんないね。この曲で一緒に歌えるのは凄いチャンスだと思うのでね。
ラップパートも大安定で心地よかった。この曲はどのくらいの評価かわからんけど自分はやたら好きですね。

好きだな君が。目を覆いたくなるほど色気全開のフクちゃん(やっぱりどーみても御婦人が赤ちゃん言葉で喋るがごとく甘き何か)。それに比べるとさゆはやや抑えめに、フクちゃんに譲ってたように見えたのは私だけでしょうか。これからも一歩引くことなくどんどんやって行ってほしいですけどね!

どうしても以前のように前がかりになれないと思うんだけどね。そのへんのバランスをみっしげさんには期待します。いやほんと、ハローへの貢献度や愛情は既に功労者の域ですからなんだって許されると思うんですけどね。

クイズウルトラは田中れいなに訊く「道重さゆみの10番目・11番目に良いところ」。

どぅーの「後輩をうまく使うところ」は沸かせましたね。これからも歯に衣着せずやっていって欲しいです。
佐藤は声がキンキンするわwあれ声変わりする気がするな。いずれにしろポテンシャルは∞でしょう。飯窪さんは気持ちがフレッシュ。いつでも楽しそう。石田も瞳がキラキラしてて毎日楽しそうだ。良い意味で地方出身者っぽい。

クイズの正解は「名前(苗字)が珍しい」「スマートフォンを上手く使いこなす」でした。


ガキさん「これでこのコーナーも終わりだけど、みんな、これからも頑張ってね!」

10期「はい、頑張ります!先輩!」


この流れグッときたなぁ。

好きな先輩、9期の涙がとまらない放課後と続き、9期10期のピカッピカッと続く。

ここにきてフクちゃんとすーずきは上手くなったよなぁ。里保さんは見られることに対してよくなってるっていうか、表情がまる出しになってきて良い。ピカッピカッは何も乗っかってなくても好きなので"これで生で聴くの人生で最後になるかもなどうしよう泣いちゃう"って感じでした(もうダメだろ俺)。


ガキさんソロブロックです。
ツアー中にやってた2曲、どっちやるんだろうと思いつつ、秋麗スタート。このドスの効いた声が良かったよな。最後の最後の"あきうらら"は鳥肌モンですよ。
で、ポン(えりぽんがポンって入ってきたのが見えた)とバックダンサー入れ替わったと思ったらThank you dear my friends始まった。おお。行き着く暇もない。良い歌。また泣いてしまう。
ちらちら見える生田でも泣けちゃうよ。

「また会えるからきっと会えるから またみんなしてきっと会えるから ねぇみんな言葉じゃ交わさない 約束なんだよ」
まさにあのステージ上でかわす視線が約束だったんでしょうか。


全然まだ泣けるのにシャニムニパラダイスは楽しすぎて笑顔でした。ありがとう。

6期MC。お互いに感謝の掛け合い。明日からこのふたりで本当にひっぱっていかなきゃいけない。だからこの最後の自由さなのか、それとも、これからもここだけは自由なのかw この時間が会場のファンの皆さんにとっても休まる時だったんじゃないでしょうか。


中盤戦が終わり、光井のセレモニー。
こういう形の卒業になってしまい、申し訳ない。そんな言葉から始まり、うまくできなかったことなど、迷惑をかけたことを謝っていく。本人にとっても辛かっただろうに、「はじめてきいたときは…」という言葉があったように、卒業を打診されたときは本当に悔しい思いをしただろう。これまでも少ない時間で後輩にしっかりあたってきたのはこの後のメンバーのメッセージでしっかり伝わってきたが、本人はまだまだ伝えたいことがあったとここでも後悔。
ただ、前述のヤンタンでもいい働きをしているのでまだまだできると思います。そしてこの後の「私の魅力に気付かない鈍感な人」。本当に素晴らしかったです。何度も涙を浮かべ、でもほとんど言葉に詰まらなかった。そして歌に入っていくために最後は堪えに堪え、しっかり歌い上げた。その姿勢に感動しました。

嫌われ役を買って出、後輩には慕われ、先輩には頼りにされる名バイプレーヤーだったんじゃないかと思います。長くのファンの人はどう思ってるのかな。


本編は後半戦に突入。メドレーではまた踊りまくります。気になるのはれいなの耳を気にする様子。あとすーずきさんが歌飛ばしたかな?w

「お店がしたい」は愉しいけど終盤でやると妙に寂しさも感じるのは何故だろう。愛ちゃんのラストシングルだったから「終わり感」が印象づいてるのかも(たぶん私だけですね)。

「ほんのちょっぴり髪型へーんだけど そ・こ・が」がすげー好き。

ラストスパート。ツアーとセットリスト変更でここで「恋愛ハンター」、「OK YEAH!」
ウルトラスマートでも最初で最後の12人ハンター。圧巻でした。
Blu-ray出たらさすがに買いますが、このハンターは相当回観ると思います。こんな力強い曲、新生娘。は"いつ"超えられるかが楽しみになりますね。楽曲大賞上位だろうな。

OK YEAHはもうほとんどステージ見えなかったので感覚だけで飛んでました。半狂乱でパラパラエンダゆりかごダンス。このカッコよさとダサさのはざまこそがハローですよ。


歩いてる。ひとりじゃないから、みんながいるから。
ガキさんのソロ歌唱に涙。みんな良い表情だった。暖かい空気。

アンコールまでは全力でガキさんコール。武道館ぜーーーんぶ黄緑。凄い綺麗だった。
ガキさんのセレモニーがはじまる。


手紙でたくさんのありがとうを伝えるガキさん。つんくさん、スタッフ、ファン、同期、そして家族。
そこで一番目が潤んで見えたのが、なんとも言えない…。卒業をする前にお祖母さんが亡くなってしまいこの姿を見せられなかったのはよほど無念だったんでしょう。卒業自体は決断していたんだからね。

メンバーひとりひとりにも温かく気持ちを伝える。どんな顔をしてきいてたんだろうね。

「Never forget」をひとり絶唱する。光井のときとは違い、手紙からこの歌まで、感情のまま涙を流しながら。この日までのリーダーとしての重責がそうさせたのか、見たことのないガキさんの表情でした(ホントファン歴が浅い自分が言うのも恐縮ですが)。

メンバーからガキさんへのメッセージ。

工藤はキッズの頃から見てきた思い、感謝を贈る。泣き顔はあんなに幼い少女なのに、会場中が一気に入りこんでいった。この子は本当に中1とは思えないね。

佐藤はしっかり自分の言葉で伝えてました。加入発表の時から明らかに成長した姿にガキさんも嬉しかったんじゃないでしょうか。

石田はしっかり感謝を述べたあとに「引っ張っていきたい」と強気。ガキさんの言うよう負けず嫌いの精神で盛り立ててくれるでしょう。

飯窪は言葉を丁寧に選んで伝える。彼女らしい気配りが感じられるメッセージだった。周りを見渡せる人になってくれると思う。

鈴木はこういう時こそ絶対笑顔で送り出そうとするいい子だね。ギリギリなんだけど堪える姿にはやられますね。この子の明るさも絶対娘。を救うよね。

鞘師は光井へのときに感情を抑えなかったのとは逆に、笑顔で感謝を伝え、送り出そうとする。これからは自分が中心で、引っ張っていくと堂々と。公演中に既にさらに進化していくこの子は恐ろしい。

生田のときには会場から大歓声の「会長コール」。『新垣さんを応援する会』の会長はリボーンのときに生写真から集め出したとここまでの経緯を話したはいいがもうあとは何を言ってるのかさっぱりわからない。でも言葉は要らなかった。大好きの気持ちが爆発して全力で抱きつきに行く生田。本能で逃げるガキさん。
こんなに感動的な場面で、こんなに笑えることが他にあるか!生田はやり遂げられたのかな。

フクちゃん、なかなか言葉に詰まってしまって辛そうでした。どぅーと同じくエッグ出身のフクちゃんもハロー全体を見てきたその視野の広さと懐の深さを感じていたよう。ハローたたき上げのフクちゃんもそんな優しさを持ち合わせた人になって欲しい。

光井は正直最初怖かった、と告白。やっぱり締めるところでちゃんと締めてたのが窺えました。そして飛行機でのエピソードは面白かったw さすが光井。お互いの道にエールを贈っていました。

れいなはガキさんと話さなかった頃もあったとカミングアウトしました。あの時、身勝手だった自分に見切りをつけられて今まで来られて良かったと戦友と呼ぶにふさわしいメッセージ。長く共に中心でやってきたので難しいところもあったでしょうね。

最後にさゆ。話し初めてすぐ、ひと筋の涙が流れました。自分もそうであるのに、周りをよく見ていて大好きだと伝える。そしてこれからは私たちがモーニング娘。をやっていく、見守っていてほしい、と、OGになっていくガキさんの背中に贈るメッセージだった。


初体験の「Happy Night」。上手にいた私には見えました。生田が光井のほっぺにチューするところを。9期は光井を相当慕ってたようですね。囲ってめちゃめちゃになってるのが微笑ましかった。

本当に最後の曲、「涙ッチ」。

ステージ上も客席も揺れてめちゃくちゃになるほど腕を振り上げて、みんなで輝くステージに向かって大声で歌う。在籍最長10年の最後を飾るにはこれ以上ないラスト。12人のモーニング娘。の姿を目に焼き付ける。

ひとりひとり舞台から消えていくが、鳴り止まないコール。ガキさんと光井が出てきて最後の挨拶。


「突然の発表に心の整理をつけてくれてありがとう。」

「大好きなモーニング娘。で命を燃やし尽くしました。これからもモーニング娘。を愛してください。」


そう残し、2人は旅立っていきました。





01 ピョコピョコ ウルトラ
02 グルグルJUMP
OPV
03 悲しき恋のメロディー
04 Give me 愛
MC(つんくさんの恋愛ハンター・11期オーディション発表・新リーダー発表)
05 女子かしまし物語
06 乙女のタイミング/光井・生田・鈴木
07 シルバーの腕時計/田中・鞘師・新垣・光井
08 好きだな君が/道重・譜久村
MC クイズウルトラスマートまたまた先輩に聞きました/10期
09 好きな先輩/10期
10 涙が止まらない放課後/9期
11 元気ピカッピカッ!/9期・10期
12 秋麗―笑顔に涙~THANK YOU! DEAR MY FRIENDS~(メドレー)/新垣
13 シャニムニ パラダイス/新垣・道重・田中・光井
MC(6期)
14 GOOD BYE 夏男/道重・田中
光井愛佳卒業セレモニー(手紙、メンバーメッセージ)
15 私の魅力に気付かない鈍感な人/光井(BD9期)
16 <メドレー>HOW DO YOU LIKE JAPAN?~日本はどんな感じでっか?→
          TOP!→いきまっしょい!→やめてよ!シンドバッド
17 彼と一緒にお店がしたい
18 恋愛ハンター/全員
19 OK YEAH!/全員
20 歩いてる
[encore]
新垣里沙卒業セレモニー
手紙
21 Never Forget/新垣
メンバーメッセージ
22 Happy Night/全員
23 涙ッチ/全員
[encore2]
新垣・光井挨拶



こちらは帰宅後に私がやったラジオです。誰も聴いてらっしゃらなかったと思うんで、よかったらどうぞ。
http://www.mediafire.com/?sei3u4n8bqqae01


ここまで読んでくださって本当にありがとうございました。
つい長くなってしまいました(全部4記事合わせて12,000字くらい)。
しかも別に伏線はってないし、張ってないから回収もしませんでした。

これだけのたいしたことないファンなのに偉そうに1万字以上書いてしまってちゃんと見てきた人に対しては申し訳ない。でも、本当に愉しい子たちだと思います。ガキさんのお母さんっぷりは年上の自分が見てもちゃんとしてるなぁと思えましたよ。

曲、ラジオ、コンサート、TV、狼、脳内。全部くるめてここまで粘って書けて良かったと思います。
自分の中でモーニング娘。を一旦整理するためにも、誰かに素晴らしさを知ってもらうためにも。

Berryzに何かあったら逆にここまで書けませんからね。



最後になりましたが、ここを読めばよくまとまっていてすぐに泣けます(最初っからこのつもりでした)。
サンキューBARKS!


b0129862_3355831.jpg

b0129862_3355769.jpg

b0129862_3353929.jpg

b0129862_3353616.jpg


モーニング娘。大好き!!


b0129862_3303387.jpg

[PR]

by aonr | 2012-05-25 12:54 | ライブ